看護師の資格を得るための国家試験は、年に1回行われます。 看護師不足が問題視されている日本にとっては喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格の合格率は90%前後と非常に高い水準を維持しています。 これほどの高い水準を維持しながらも看護師不足にある現状には、それ相応の対策が必要となりますよね。 看護師の国家資格の合格ラインは、毎年多少の誤差が生じます。 しかし、看護学校などでまじめに勉強していれば、合格できる確率は非常に高いでしょう。 看護師の国家試験は、大学入学などのような落とすための試験ではなく、一定のラインをクリアできれば合格できる試験です。 ですので、基礎知識さえ身についていれば、必ず合格できると言われています。 国家試験に合格するよりも看護学校を卒業することの方が難しいという人も少なくありません。 人の命に携わる仕事なだけに、看護学校はとても厳しく、レポートが遅れたり、テストに落ちるなどのちょっとしたことでも留年させると言います。 そんな厳しい学校を卒業し、国家資格にも合格した人には、ぜひ資格を活かして看護師の仕事についてほしいものですね。